スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

売り買いの心得 

【買いの心得】
1.器用貧乏にならない
情報や人の意見に左右されず、基本に忠実に業績と成長力を中心に選ぶ。
焦って買わず、買った後は成果を焦らない。

2.時流に逆らわない
その時々の景気循環や金融環境、政策テーマ、技術革新の波などの大きな流れを見失わない。
景気の波で上下する人気株にも乗ってみる

3.突発的な下げには向かう
日ごろから買いたいと思っていた銘柄は、全体の急落局面こそがチャンス。

4.有り金は使い切らない
ビギナーは分散投資が基本。
最初から一度に資金を使って買わず、買い付け時期を分散する。

【売りの心得】
1.目標を定める
購入したら、どのくらいで売るかある程度目標を決めておく
(コストを引いて値上がり率20%が目安)
短い期間で値ざやを取る投資が目的なら、売る訓練にもなる

2.気楽に損切りする
買値から1割下げたら投げるのが基本。
他の銘柄の儲けでカバーできる程度で見切るのがよい

3.合わせ切りする
合わせ切り:損切りする際、儲かっている銘柄と一緒に売ること
塩漬け株にしないため、心理的に楽に手放すことができる方法

4.急騰したときほど落ち着く
売却予定額を忘れず、待ちすぎて売り場を逃さない
スポンサーサイト
[ 2007/05/01 00:00 ]

自社株買い 

自社株買い
企業が発行済みの自社株式を市場から自分の資金を使って買い上げること。
過剰に流通している株式を減らす自社株消却
役員や社員に報償の一環として与えるストックオプションなどがある。
短期的には株価の下落を阻止する効果があるとされる

金庫株
01年より自社株買いの目的が問われないことになり、「金庫にしまっておける」ようになった。
合併や買収の手段として自社株を使うことも可能
[ 2007/04/25 19:29 ] 用語

キャッシュフロー計算書 

関連:企業価値 経営分析の尺度

「損益計算書」「賃借対照表」と同様、重要視すること
【キャッシュフロー】
現金がいくらあって、出入りがいくらで、結局いくら残っているのか、ということ
会社が自由に使えるお金。資金の増減。

※この場合の「キャッシュ」とは:
現金(当座・普通預金)+現金に近いもの(3ヶ月以内に解約できる定期預金等)

営業キャッシュフロー
本来の業務で得た現金収入
投資キャッシュフロー
投資による資金の出入り
財務キャッシュフロー
銀行借り入れやその返済、社債発行などの財務活動による現金の流れ

フリーキャッシュフロー「営業キャッシュフロー」+「投資キャッシュフロー」
企業が自由に使える資金。これがプラスなら設備投資のお金が足りているということ

基本的には「当期利益」に「減価償却費」を加えたものがキャッシュフローと考えてよい
減価償却費は損益計算書に費用として計上されるが、実際には社外には出ておらず
社内に残っているキャッシュとして計算できる

株価キャッシュフロー倍率:PCFR
株価÷1株あたりキャッシュフロー
投資尺度として使う
[ 2007/04/25 19:15 ]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。