スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

資産配分の認識が大事 

個人投資家が陥りやすいワナ
1.資産を分散しないでリスクをとりすぎる
2.資産運用が堅調でもその中でカモにされる
 インデックスを安定して上回れるのはプロ投資家でも2割程度
3.感情に支配されて失敗する
 値下がりした株は見るのもイヤ 等

「資産設計」のススメ
ワナにはまらないために一定のルールを決め
それに沿って計画的に資産を運用することが大事

「資産配分:アセットアロケーション」を考えよう
ファンド成功の鍵の80%は資産配分計画にあり。
銘柄選びや投資のタイミングは残り20%。
資産配分をしっかりしていれば銘柄選びで悩まずにすむ。
もし1時間あったら45分間資産配分について考え
それから、どんな株をいつ買うか考えればよいほど。

───────さあ考えよう───────
1.資産運用にまわしてもよい額を把握する
資産(住居・車・預貯金・有価証券等)から
負債(クレジット・ローン等)を引いた
自己資本(正味の資産)を把握し、年間の余裕額を考える。

正味の資産と年間余裕額を総合し、
防衛資金(病気の備え等)を除いた余裕試算の中で
資産配分をすることが大事。

2.目標を決める
現時点で、将来何をしたいのか、そのために
いつまでに大体いくら必要なのか考える。
将来状況が変わったらまたそこで考え直せばよい。

3.今の資産と比べる
年間で何%で運用したら何年で目標に到達するか計算する。
計算してくれるサイトもある
到底無理だったら、夢のほうを修正したり生活の支出を見直そう。

4.いよいよ資産配分を考える
<標準的な例>
国内40%(株式:30%+債券:10%)+海外40%(株式:20%+債券:20%)
流動性資産20%
→過去35年の1年平均リターン:6.9%
      1年最低リターン:▲-12.7%

一般的に長期間運用できる人や資産に余裕がある人の方が
リスクを取りやすいため、株式や外貨建て資産などの
リスクの大きい資産の比率を増やす余地が高まる

<10万円で考える例>
日本株式 3万円:日経平均連動インデックス投信
日本債券 1万円:個人向け国債
外国株式 2万円:海外株式インデックス投信
外国債券 2万円:米ドルMMF
流動性資金その他 2万円:MRF
※投信を利用する場合は手数料コストに注意
※過去の実績から年率5%程度、最悪の年でも2万円程度の損失ですむ

小額で試して感触をつかんだら徐々に金額を増やしてみよう

5.定期的にリバランスする
資産配分して運用を始めたあとも、定期的に状況を確認し
配分比率が大きく変わったらそれを修正する。
リバランスは頻繁にやりすぎるとコストの点で非効率になるため
一年に一回ぐらいの気持ちで。
4半期に一度届く運用経過報告書を見ておくぐらいでよい。
関連:資産配分のリバランス

─────────────────────────
関連:ボーナスの運用
スポンサーサイト
[ 2007/02/18 14:40 ] まずはじめに

ネット証券を選ぶポイント 

まず、複数のネット証券に口座を開いてみる。
提供される情報や、投資ツール、手数料などで総合的に判断する。
一社に絞り込むとシステムトラブル時に売買できないなどのリスクがあるかも。

●手数料:コスト意識をシビアに。
自分の投資スタイル、一度に動かす金額によって
手数料をチェックし、そのつど証券会社を使い分けるとよい
「約定ごとコース」:売買1回毎に手数料がかかる
「一日定額コース」:デイトレーダー向け
片道手数料が無料かどうかはポイント
  :日計り取引(同日内に同一銘柄の買いと売りを行う)時
  片方分の手数料を無料にしてくれるサービスのこと

●提供されるサービス
画面構成の好み
直近の株価やチャート、業績動向が簡単にわかるかどうか
自動更新型の株価情報は必須
スクリーニング機能
アナリストリポート
テクニカル分析ツール
携帯や夜間取引
など、自分が必要な機能がわかりやすく操作しやすいかをチェック
また、
・限定セミナー
・ポイントがたまる 等のサービスもあるところも。
[ 2007/02/15 18:17 ] まずはじめに

投資セミナーの選び方 

投資セミナー花盛り。どれを選んだらいいのかな。
ポイントは次の4つだそうだ。

1.レベルや内容が自分にあっているか
 初心者向けすぎて物足りなかったり、
 逆についていけなかったりしないよう、内容を確認する
2.テーマを絞り込んだものを選択
 興味のある点をある程度絞り込んで参加するとよい
 女性は「女性向けIR(投資家向け広報)セミナー」もおすすめ
3.規模に気をつける
 少人数のセミナーの方が懇切丁寧かつ質問などがしやすい
 各支店などが実施するミニセミナーは穴場
 自社のPRをかねているかもしれない点は注意
4.料金と回数
 未経験者は無料の単発講座からはじめよう
 お金を払う連続講座に参加するなら小額でも
 投資をはじめてからのほうがよい

【セミナーの例】
■東京証券取引所
■投資信託協会
■日本証券業協会 証券教育広報センター
■知るぽると(金融広報中央委員会)

とりあえず、近くの銀行や証券会社の店舗に
言ってみたらどうかな。
[ 2007/02/12 14:39 ] まずはじめに







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。