スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

投資信託 選ぶポイント 

関連:投信 目論見書

【1】まず、何を投資対象とする投信を買いたいか考える
0.特になければ日本株インデックスファンドから
1.自分が興味あるものから選ぶ
・インドや中国の経済に興味→BRICs
・環境問題に興味→SRI(社会的責任投資) など
2.1.とは違う対象から選び、知識と経験を増やす
3.最終的に国内外株式、債券のバランスの取れたポートフォリオを作れるように

【2】運用内容があうかチェックする
目論見書や運用会社・販売機関のHPなどでチェック

【3】純資産総額をチェックする
30億円以上が目安。

【4】分配金の受け取り方を選ぶ
「毎月分配型」より「無分配型」か分配頻度が低くて再投資するタイプが有利

【5】過去の運用実績のチェック
新興国に投資するファンドは値動きが激しい
新規投信の実績は調べられない。設定から3年以上、少なくとも1年以上。

【6】運用期間とコスト
ファンドごとに信託報酬に大きな差
コストよりも運用実績を重視したほうがよい
スポンサーサイト
[ 2007/03/15 14:23 ] 投資信託







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。