スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

長期保有株を活用する 

株を持っていると値上がり益や配当・株主優待が得られるがそれ以外に
貸し出して金利収入を得たり、株を担保に資金を借りたりできるサービスがある

【貸して金利収入】
・大手証券会社だと倒産リスクが少なく、安心感が大きい
・ネット証券だと出し入れの融通が利きやすい

貸株サービス(マネックス)
投資家が証券会社に株を貸すことで期間に応じて金利を受け取ることができる
権利確定日には戻るため、配当や株主優待の権利を失わない

預株(松井証券)
預けた証券会社が倒産しても回収不可能とならないようリスクを軽減している
配当や株主優待の権利は失われる

【お金を借りる担保に】
証券担保ローン
日本証券金融、大阪証券金融と提携している証券会社の窓口で利用できる
金利水準はおおむね4%程度
上限は時価の65%、6ヶ月~2年の短期なので長期支払いにはむかない。
担保として認められる掛け目の上限で借りないこと
株価が値下がりしたときに追加の担保差し入れが必要となり
追加できない場合は自動的に担保の株が処分されてしまう。
利払いが遅延したときは年率14~15%の利子をとられる。

【その他長く持つメリット】
会社によっては保有数と期間に応じて優待度があがるなどのサービスがあることも
スポンサーサイト
[ 2007/03/16 16:36 ]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。