スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

投資手法の穴 

絶対にうまくいく手法などない。よく使われる手法の欠点とは。

【ゴールデンクロス】
移動平均線(一定期間の終値の平均をつないだ線)で
期間の短い線が長い線を下から上に突き抜けた状態。
株価上昇を示すサインとして絶好の買い場とされるが…
●短期線が上向きでも長期線が横ばい、もしくは下向きならば上昇トレンドではない
●実際の株価が移動平均線から見て下ならば下落することも

【ナンピン買い】
保有する株が値下がりしたら買い増す手法
平均の取得コストを下げ、株価が反発したとき利益を増やす方法だが…
●株価が下がり続けたとき、損失が拡大する可能性
●株価が回復するのに時間がかかれば「塩漬け」しかねない
→自分の思惑とは逆の方向に株が動くときは焦って売買しないで一歩引く
→同じ銘柄に固執せず一度手を引くのもひとつの手
「一定の割合以上下がれば手じまいする」とあらかじめ決めておく

【ドルコスト平均法】
関連:「ドルコスト平均法」の罠
●株価が下がり続けたとき、損失が拡大する恐れがある

【逆張り】
下げ局面で買い、上げ局面で売る手法。
安値圏で下げ止まりと考えて買う人も多いが…
「新高値」「新安値」後も同じ方向に動くことも多い
●株価は一度方向性が決まるとしばらく同じ方向に動きやすい
 ので様子を見たほうがよい

【二階建て】
信用取引で保有する銘柄を担保に同銘柄を購入し、資金効率を高めようとする手法
●逆に動けば大きな損失に

【勤め先の株、ちょっと待て】
給与をもらう会社と主な投資先は別にしたほうが賢明

【分散しすぎ】
管理できないほど多くにコマを散らさない。
一つ一つの値動きが把握できないほどやみくもに分散しないこと。

【長期でもほったらかさない】
手放す時期を逸して損失が膨らむ塩漬けになることも。
●損切りのルールを決めておくこと
スポンサーサイト
[ 2007/03/16 16:38 ]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。