スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

小額で始めたい 

一つのジャンルに集中投資するのは危険。
例えば、円相場によって逆の動きをする
「輸出産業」と「輸入産業」両方に分散投資するのがセオリー。
それならば小額でリスク分散するにはどうしたらよいのだろう。

小額で投資できる単元未満株商品
「単元株」より少ない株数で売買できる
・株式ミニ投資:単元の1/10から
・プチ株・S株:一株から
・キンカブ:一株より小さな単位で

これなら「10万円ずつ3銘柄に」など金額を決めて分散できる。
また、
金額を決めて積み立てていくのも手
・るいとう
毎月一万円から。ドルコスト平均法のメリットがいかせる。

証券会社によって商品名等が異なるので調べてみよう

※注意点
・株主優待や議決権、総会参加権などがないことも。
・一回の取引が小額なため、手数料が割高になるので
 ちょこちょこ売買を繰り返すのはマイナス。
・注文のタイミングは選べない

短期で利益を得るというよりは
初心者が投資の感覚をつかむ練習と考えるのがよい。
スポンサーサイト
[ 2007/02/13 16:06 ]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。