スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

外貨建て個人年金保険 

個人年金:保険料を長期で運用し、将来年金を受け取る貯蓄性保険
・一時払い保険料として例えば10万ドル(=1200万円)を購入、
5年とか10年の間、あらかじめ決めた利率で運用してもらう。
・利回りは購入時に確定
・円で受け取る際に為替相場によって上下する可能性
・円建てより利率が高いために人気

終身年金
生きている限り毎年一定額をもらい続ける機能

▲購入時、元本の6~8%ほど手数料がとられる
→実際に運用に回る資金が減り、その分利回りが減ってしまう
→解約払戻金の水準が元本まで回復するのに2年近くかかる
米国債のほうが有利、他商品と比較するべき。

▲途中解約すると外貨ベースでも元本割れする

▲おもに債券で運用され、金利動向によって変動するため
解約時に高くなっているが低くなっているかで払戻金が異なる
→為替リスク+金利リスクも負うことになり自分で米国債を買うのとかわらない
スポンサーサイト
[ 2007/03/25 15:19 ] 保険







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。