スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

ノーロード投信の選び方 

関連:投信 コスト

投信のコストをきちんと把握し、コスト意識を持ったうえで
他のファンドと比較して購入の是非を検討するべき
販売手数料が無料でも信託報酬が割高ならばお得ではない。
少なくとも同種のファンドの平均値より低いものを選ぼう
<信託報酬+監査費用の平均値>
・国際株式型:1.62%
・国際債券型:1.17%
・バランス型:1.44%
・国内株式型:1.31%
・国内株式 アクティブ型:1.47%
・国内株式 インデックス型 ノーロード:0.52%
・国内株式 インデックス型 販売手数料あり:0.93%

投資信託協会 手数料の比較
信託報酬は運用会社、販売会社、信託銀行の三者で分け合うが
その割合についても調べることができる
運用会社の取り分が多いほうが、運用に力を入れているととらえることもできる

【インデックス型とアクティブ型での選び方】
●インデックス型の場合
・運用成績はどこでも大差ないので販売手数料が安いほうがお得
・信託報酬も低いほうがよい(高いと指数と動きが乖離してしまう)
●アクティブ型の場合
・過去の運用成績と運用効率に注目
過去の成績が同種のファンドと比較して上位かつ運用成果のバランスがよいところを選ぶ
シャープレシオ:リスクに対しリターンがどれほど高いかを示す
数値が高いほど超過収益を生み出す力を備えていると評価される
QBRファンドレシオ:1年・6ヶ月・3ヶ月のシャープレシオの年換算平均値

cf)225 IDXオープン:純資産残高は小さいが信託報酬が低めで指標との乖離も小さい
日本株バリューインベストメントパック:QBRファンドレシオが高い
さわかみファンド:QBRファンドレシオが高い

─────────────────────────
ノーロード投信には、短期の売買を繰り返す投資家が増えると
運用効率が下がるリスクがある
ノーロードというだけで選ばず、中身をよく確認すること
スポンサーサイト
[ 2007/04/04 22:18 ] 投資信託







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。