スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

健康保険の活用 

公的健康保険を把握して必要以上に保険料で家計を圧迫しないようにしよう

【病気や怪我をしたとき】
原則3割のみ窓口負担すればよい
●療養費
海外旅行先等で全額払った場合でも
日本国内での標準的な医療費の7割が後に払い戻される。
時効は2年。
「診療内容明細書」と「領収明細書」を現地の医療機関に書いてもらい
帰国後日本語に訳して公的保険の窓口に提出する
明細書は窓口で旅行前に入手しておくと良い
民間の海外旅行保険を利用した場合でも減額されずにもらえる
●高額療養費制度
高額の医療費がかかった場合でも月に一定額を超えた分が戻ってくる制度
※一定額:月収56万以下で住宅税を払っている一般人なら月8万円
※健康保険が適用になる治療が前提。個室の差額ベッド代や入院中諸経費も対象外
※申告しないと返ってこない。時効は2年。
※世帯合算でも通院に関しても使える
同世帯で複数人が1ヶ月に21,000円以上ずつ自己負担する場合合算できる
※入院時なら、事前に所得区分を示した認定証を取得しておけば
窓口で自己負担額のみ支払えばよい
社会保険庁 高額療養費の計算式
●傷病手当金
病気やケガで仕事を休んだとき、標準報酬日額の2/3を給付
連続して3日以上休んだとき、4日目から最大1年半にわたって支給される

【出産したとき】
●出産育児一時金:出産時に子ども一人につき35万円給付
死産や流産の場合も、妊娠85日以上なら申請すれば支給される
●出産手当金:出産のため会社を休んだ期間標準報酬日額の2/3を給付
産前42日と産後56日の間に休んだ期間

【死亡したとき】
●埋葬料:亡くなったとき5万円給付

このため医療保険の自己負担分入院日額は5千円を目安に
1万円程度まで確保すると安心
日額は千円単位で設計が可能なことが多い

あんまり知られてないのはどう考えても
社保庁の告知怠慢、知られたくないからとしか思えん。
申請しなけりゃ意味はない。健康保険料分はきちんと活用しよう
スポンサーサイト
[ 2007/04/18 22:03 ] 保険







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。