スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

株式相場の急落に学ぶ 

2月末の急激な下げは年に数回あってもおかしくない。

【チャートから読む】
<過熱感>
●サイコロジカルラインが75%を超える
※サイコロジカルライン:株価の加熱度合いをあらわす。サイコロとも。
過去12日間で、株価が前日比よりプラスとなった日を数える。
75%を超えれば心理的に引きたくなり、25%を切ればそろそろ上がると読む人が増える。
上がった日を「勝ち」、下がった日を「負け」で表すことも。
●短期線と中期線の乖離率が高い
短期線が中期線より大幅に上に乖離していれば調整が近づいていると読める
●寄引同時線が転換点
ローソク足で始値と終値がほぼ同水準になり十字架のようになる(同時線)
強弱感の拮抗を示し、トレンドの転換を示す
<下落圧力>
●三羽がらす
ローソク足のパターンのひとつ。三日連続で下げ、始値より終値が安い。
下げ圧力の強さを示す
●デッドクロス
売りシグナル
関連:デッドクロス
<下げ止まり>
●安値圏での長い下ひげ
底打ちのサイン。さらに安値をつけたあと押し返されたことを示す
●短期線が中期線より大幅に下方に乖離する

【裁定買い銭が高水準】
裁定取引:証券会社が行う先物の売買手法。
先物と現物株の間で「裁定買い銭」が増えすぎると売り圧力が高いことを示す
裁定買い残高が東証一部の時価総額に対して1%に近づくと売りが出やすくなる

【信用評価損益率がゼロに近づく】
証券会社からお金や株を借りて行う信用取引において
通常マイナスである評価損益率がゼロに近づくと相場の天井を示す指標となる
(信用取引では利益が出れば早めに売って利益を確定させるため
含み損のある銘柄が残る傾向があり、通常マイナスになる)

【騰落レシオが150%に近づく】
値上がり銘柄数 ÷ 値下がり銘柄数 ×100
60%近辺なら底値圏、150%近辺なら天井圏
25日間などの移動平均を使う

相場急落時の対策───────────────
●初心者は、分からないときは動かない
●銘柄ごとに前もって「何%下げたら売る」などの損切りルールを決めておく
●売却したくない場合、信用取引や先物取引のヘッジ売買するのも手
相場が下落すると思う場合→信用売りや先物売りする
→思惑通りに下落:保有株は損失・ヘッジ取引で利益、相殺。
→思惑が外れて上昇:保有株で利益・ヘッジ取引で損失、相殺。

今後の予測───────────────
●米国経済の動向→米長期金利が継続的に5.5%を超えだしたら危険
●1ドル=115円を超える円高が定着すると輸出業は収益悪化
●PER(予想株価収益率)が18倍以上は割高感
スポンサーサイト
[ 2007/04/25 19:01 ]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。