スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

株価の「指標」 「割安」「割高」とは 

●PER:株価収益率。price earnings ratio
株価を一株あたりの利益で割った倍率
利益水準から見て株価が高いかどうかをあらわす。
倍率が高いほど「割高」、低いほど「割安」
※「一株当たり利益」の利益純利益のこと。
 営業利益から経常損益特別損益を加減したのち税金を払った後の利益
 損益計算書の「当期利益」にあたる

・PERは業種によって大きく異なる。
・「過去の水準と比較」「同業他社と比較」「市場の平均値と比較」する
・従来の日本では株の「持ち合い」により分母の株数が少なくなって
 結果的にPERが割高になりがちだった
●人気のある成長企業への投資尺度、と言える

関連:PERの判断

●PBR:株価純資産倍率。price book-value ratio
株価を一株あたりの「純資産」で割ったもの
1倍以下なら全株を保有すれば割安でその企業が手に入れられることになる
●成熟期を過ぎ、資産を潤沢に持っている企業への安全度を見る尺度と言える
純資産:企業の保有資産から返済分を差し引いたもの
解散しても残るであろう帳簿上の財産
「株主資産」

●PEGレシオ
PER÷利益成長率
利益成長率を考慮した株価の水準をあらわす。
値が小さいほど割安とみなす。
おおむね2倍超で割高、1倍以下で割安とされる。

●ROE:Return on Equity
純利益を株主資本で割ったもの。株主資本利益率
株主資本を効率的に経営に活用しているかどうかをあらわす。

●配当利回り
一株当たり年間配当金を株価で割ったもの
株価に対する配当金の割合はどうかをあらわす。

スポンサーサイト
[ 2007/02/24 13:00 ] 用語







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。