スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

証券化住宅ローン:フラット35 

証券化:民間金融機関が窓口になって住宅ローン債券を
 公庫に譲渡し、公庫がプロの投資家に証券として販売する。
 <民間金融機関+公庫+機関投資家>

【フラット35】
・最長35年まで固定金利で借りられる
・融資実行時に金利が決まる
・繰り上げ返済や返済条件の変更の際に手数料がかからない
・新規のみで借り換えには使えない。
・金融機関によって積極度合いに差があり、シェアが低い
どこの金融機関で借りるかで金利が大きく変わる
 金融機関の受取額部分が変わるため。
 住宅メーカー設立のローン会社で借りると低コストだが
 提携する住宅メーカーを使うなどの条件がある。
 地銀などの場合は地域的に限られる。
・平均すると3%ほど。融資限度額は全国一律八千万。
・借りる期間が短い場合は低金利のメリットが小さくなり
 手数料コストが増す。
・一般的に銀行のほうが組み合わせなどに融通が利く。
・金利だけでなく手数料も加味し、返済額・返済期間などで
 総合的に比較するべき。

住宅金融公庫
スポンサーサイト
[ 2007/02/25 11:42 ] 家を買う







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。