スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

終身保険 

関連:予定死亡率の見直しの影響

終身保険
・契約時の保険料が固定され満了まで納めるとその後も生涯保障される。
・病気などで更新できなくなるリスクがない。
・保障が長い分、定期型より保険料が割高。
・死ぬまで払い続ける終身払いもあるが現役時に支払いは終えておきたい。
・いざという時解約すると一定の積立金が戻る「貯蓄」としての面も

●配当
集めすぎた保険料が戻る制度
【利差配当】
利回りが想定以上の時のみ戻る。
保険会社の逆ザヤ回収のため、期待できない面も大きい
【利率変動】
運用利回りがよくなると保険金額が増える
【低解約払戻金】
満了前解約時の積立金の戻しが少ない契約で保険料が低く抑えてある
【変額】
解約時の積立金がそれまでの運用次第という投資信託のような商品。
運用がうまくいかなかった場合の解約はご法度。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 12:59 ] 保険







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。