スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

定期保険 

関連:定期保険と終身保険の使い分け

・サラリーマンの保険による必要保障額はだいたい
定期で3000万~4000万、終身で500万ほど。

・定期保険料は「付加保険料(会社の経費など)」の考え方で
会社によって大きく変わる。よく比較しよう。
保険会社によっては保険料の半分が付加保険料という例もある。
・保険会社によって狙う年齢層が違うため
40代更新時の見直しは他社と見比べよう。
・持病があると別の保険に入りなおせないこともあるため
30代で選ぶ保険会社の選択は重要。
解約払戻金:若いときに解約すると戻ってくる
「無解約払戻金」契約ならば保険料が低い。

●配当
集めすぎた保険料が戻る制度
【利差配当】
利回りが想定以上の時のみ戻る。
【有配当】
利差だけでなく予定死亡率や予定事業費率との差も戻る。
【無配当】
配当なし。比較的保険料が低くすむ。
どうなるかわからない配当に期待するより当面の出費をおさえたい人に。
【逓減】
支払われる保険金額が毎年減っていく。
選ぶときには自分の人生設計をよく見直すこと。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 14:31 ] 保険







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。