スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

TOBに対応する 

TOB(株式公開買い付け)とは:Take Over Bid
株式会社の経営権の取得・買収などを目的に
「目的・買い付け期間・株数・価格」を公表し
証券市場外で株式を買い集めること。
「公開買付届出書」は金融庁のEDINETや新聞公告で確認できる

【応じるかどうかの判断】
●上場廃止になるかどうか
・上場廃止になる→TOBに応募するしかない
・上場維持→買付提示価格よりも価値が上がると思えば継続保有

●株を手放す時
株価が買付価格を上回っているときはTOBに応じるより市場で売ったほうが有利

●対象企業が買収に賛成か反対かを観る
敵対的買収の場合】
プレミアム(買付価格は市場価格に数%上乗せされた金額になる)分、
TOB発表後市場株価が上がる。
対象企業が買収防衛策(MBO等)を講じた結果
TOB価格が後から引きあがる可能性があるので情勢を見極めるべき。

【応じる場合】
買い付け企業が指定する代理証券会社に口座を開設する必要があり
株券を振り替えするとき、手数料がかかる。
株券の振替手数料や売買手数料のコストを考えると
利益を確保するのは難しい。
応募後もキャンセルは可能。

─────────────────────────
MBO:Management Buy-Out
経営陣が所属している企業や事業部門を買収して独立する
企業の合併・買収の手法のひとつ
従業員が行う場合はEBO:Employee Buy-Outと呼ぶことも。
「のれんわけ」のイメージがある。
・「敵対的買収」に対する企業防衛策として行う
・経営の自由度や機動性を高めるため行う
・自社を上場廃止するために行う
TOBは「経営陣ではない株主が買収する側」になり敵対的な側面が強い

TOB成立後は上場廃止になるため、MBOを宣言した企業の個人株主の多くは
TOBに応募するのが一般的
プレミアムが大きければそれだけ利益を確保できるが
直前の株価が低ければ、プレミアムがあっても損失が出る可能性も。
スポンサーサイト
[ 2007/03/05 12:43 ]







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。