スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

ポストBRICs 

関連:アジア株投資の注意点

●ポストBRICsは?
・一定以上の人口規模
・今後持続的な経済成長が見込める(経済の安定性)
・規制緩和や法整備が進むと見られる(政治的成熟度)
・市場の開放性と教育の質

N-11:ネクストイレブン
ゴールドマン・サックスによる
ベトナム・インドネシア・トルコ・ナイジェリア・
エジプト・バングラデシュ・イラン・韓国・
メキシコ・フィリピン・パキスタン

VISTA:ヴィスタ
ベトナム・インドネシア・南アフリカ
トルコ・アルゼンチン

韓国:個人投資家でも直接株を購入できる
メキシコ・フィリピン:米の預託証券(ADR)を通じて投資可能
ベトナム・トルコ:ファンドが手軽
イラン:外国人投資家の参加は制限されている

ベトナムにファンドで投資する場合
●ほとんど「クローズド・エンド型」(一定期間の募集)
「オープン・エンド」を扱う藍沢証券の最低投資額は13万程度。
●ドル建てなので為替手数料が含まれる
●「信託報酬」「成功報酬」「講座管理手数料」などのコストがかかる
●ベトナム市場は規模が小さいので触れ幅が大きく流動性リスクが高い
●ハイリスクハイリターンを肝に銘じておく


自由になる金融資産全体の1割程度にとどめ、
5年以上取り組むつもりで長期分散投資の一環として手がけるべき。
スポンサーサイト
[ 2007/03/06 16:43 ] 経済







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。