スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

市場ごとの特徴 

●東証一部
http://www.tse.or.jp/
時価総額500億以上・公開時株数10万
純資産10億・利益4億
・流動性が高い
・業績や財務に優れた安定した企業が多い

●東証二部
時価総額20億以上・公開時株数4000
純資産10億・利益4億
・業績の安定した伝統企業が多い。
・一部より規模が小さいためリスクとリターンが増す

●ジャスダック
http://www.jasdaq.co.jp/
時価総額10億以上・公開時株数500
純資産2億・利益黒字
・新興企業が主で東証よりも上場審査基準が緩やか
・中堅企業向け
・規模は小さいがこだわりのある企業も多い

●大証ヘラクレス
http://hercules.ose.or.jp/
株主資本4億以上(グロース基準)・公開時株数500
純資産6億・利益1億
・コンセプトはマザーズと同じだが上場基準はこちらのほうが
甘いのでよりハイリスクハイリターン
・ネット系ベンチャーが多い。
・孫正義が作ったナスダックジャパンが前身

●東証マザーズ
http://www.tse.or.jp/mothers/
1000株単位以上の公募または売り出し・公開時株数1000
純資産なし・利益なし
・基準さえ満たせば赤字でも債務超過でも上場可能
・「ベンチャーを母のように育てる」というコンセプト
・資金の欲しい新企業と投資家との橋渡し役
・「高い成長可能性」を対象要件とする。
・ハイリスクハイリターン
・流動性に欠ける銘柄も
スポンサーサイト
[ 2007/03/09 17:19 ] 用語







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。